吹きガラス   低融点のガラス原料 Homeへのリンク 
  溶解温度 (一例)   ご使用者さま
  1225℃ 溶解 電気炉 オープンルツボ  東海 某スタジオ
  SORTE GLASSさま  
 
   
  1230℃ 溶解 電気炉 オープンルツボ       
  ヒロイグラススタジオさま  
  1260℃ 溶解 ガス炉 オープンルツボ   
  創作スタジオ ユクリテさま
 
   
  1260℃ 溶解 電気炉 オープンルツボ   
  ◆ メーカー推奨 1315℃ 溶解 ※注) 設備環境により異なります
  ◆ 東海 某スタジオさま  
 
   
  電気炉 オープンルツボ       
  ◆ 関西 某スタジオさま  
 
   
  ガス炉 オープンルツボ       
  ◆ 西日本 某スタジオさま  
 
   
  電気炉 オープンルツボ       
  ◆ ガス炉 ネコツボ      某 公共スタジオ様
         
                   
  ◆エネルギーコスト増大の時代、低燃費が実現できるとしたら!     
    ガス代や電気代の節約だけでなく、るつぼを長持ちさせることができ、    
    溶解炉のランニングコスト(メンテナンス費用)は大きく改善します。     
    有害成分が最も少ない原料で環境への配慮にもつながります。      
  ギャファーバッチ(原料)なら解決できます。        
    お問い合わせはお気軽に!      artglassmarket@gmail.com  
                   
         
            gaffer1.jpg
作業温度 1100℃(一例です)
カレット(つぼ洗い用) 税込¥756(本体¥700)/kg
           
gaffer2.jpg,gaffer3.jpg
「変えて良かった!」のお声には、いくつかの理由があります。(ユーザー様の個人的な感想です)
●高騰するガス代をなんとか節約したい
●電気溶解炉に適した原料があると聞いた
●電気溶解炉に変えたのに、今の原料では燃費があまり変わらない気がする
●メンテナンス経費を最小限に抑えたい
●脈理が気になる
●上質な色ガラスに適合している生地で吹きたい
●透明度の高い材料で創作をしたい。
解決はギャファーバッチにおまかせ下さい!
ギャファーカラーロッドもおたずね下さい。約20kg の一箱単位が最もお得に!
ギャファーバッチ 概要
▲TOP Homeへのリンク